電気主任技術者 求人ページ|日本電気保安協会

日本電気保安協会(にちほ)のホームページです。

電気主任技術者(正社員又は嘱託社員)の求人について

日本電気保安協会は、大阪で働く電気主任技術者の求人活動を行っております。
求人内容については以下よりご確認いただき、詳細は大阪市港区弁天町で開催される
求人説明会にご参加下さい。

派遣主任技術者も求人活動も行っております(登録制)
※正社員・嘱託社員ともに保安法人勤務経験者には優遇制度があります。詳しくはお問い合わせください。

仕事内容

電気技術者として、下記の業務を行ないます。
・ビル等の電気主任技術者業務を受託し、電気設備の点検・測定・試験など
・高圧(6.6kV)受変電設備や負荷設備の定期検査・点検。
・電気のかしこい買い方・使い方のアドバイス。

※色の識別や聴音による検査業務があります。
※正社員の場合は、社内資格制度合格後、夜勤業務・夜間・深夜・早朝作業があります
 (夜勤は月2回程度)。

応募資格

●電気主任技術者免状所有者●

自家用電気工作物の工事・維持・運用の実務経験のある方
 電検3種・・・実務経験 4年以上
 電検2種・・・実務経験 3年以上
 電検1種・・・実務経験 2年以上

<正社員>
 年齢60歳まで
 普通自動車免許
 普通2輪(250cc)運転スキル(業務上運転する必要あり。入社後取得も可能です。)

<嘱託社員>
 年齢70歳まで

給与

<正社員>
 年収 500~800万円
 月給 280,000円~352,410円

<嘱託社員>
 労働比例報酬制
 勤続1年以上の年収平均 428万円

勤務地・勤務時間

<正社員>
 下記のいずれかが主たる勤務地となります
  ・本社   大阪市港区波除5-8-3
  ・営業本部 大阪市中央区平野町4-5-7
 8:30~17:30
 休憩時間60分
 ※夜勤あり(月単位変形労働制)
 残業:月平均20時間程度

<嘱託社員>
 自宅から点検担当先へ直行・直帰。月2回本社で研修会参加
 フレックスタイム制
 ※夜勤はありません

休日・休暇

<正社員>
 週休2日制 年間休日数124日
 基本 土・日・祝 ※会社カレンダーによる
 有給休暇(1ヶ月経過後5日、6ヶ月経過後5日付与)

<嘱託社員>
 業務に影響しない範囲で、自分の都合により自由に設定

待遇・福利厚生

<正社員>
 健康保険・厚生年金保険・介護保険・雇用保険・労災保険に加入。退職金制度
 主管手当、職責手当、その他プロジェクト手当、夜勤手当、財形貯蓄、労働組合
 制服、業務に必要な計測器等の物品は貸与します。
 業務先への交通費は会社負担

<嘱託社員>
 健康保険・厚生年金保険・介護保険・雇用保険・労災保険に加入
 制服、業務に必要な計測器等の物品購入は自己負担
 業務先への交通費は自己負担

応募方法

<正社員>
 まずは「履歴書」「職務経歴書」をご郵送ください。
 後日、面接等のご案内をいたします
 〒541‐0046 大阪市中央区平野町4-5-7
 株式会社日本電気保安協会 採用係まで

<嘱託社員>
 下記説明会へご参加下さい。(要予約)

<説明会>

保安管理の仕事の内容や現社員の働き方、
在職老齢年金受給者の雇用制度について説明させていただきます。

日時:原則、毎月第1水曜日
  15:00~16:00
会場:株式会社日本電気保安協会 本社
   大阪市港区波除5丁目8番3号

≪JRでお越しの場合≫
 JR大阪環状線弁天町駅下車。北口を出て、環状線沿いに北へ。約100m。6階建ての白いビル

≪大阪市営地下鉄でお越しの場合≫
 地下鉄中央線弁天町駅下車。4番出口(JR乗換口)よりセブンイレブンのある交差点を北へ。徳島銀行とローソンのある交差点を左折し、さらにJR環状線の手前で右折し線路沿いを北に。約300m。

→ 地図はこちら

必ずメールにて、ご希望の日を予約して下さい。
当日は履歴書(写真貼付)をご持参下さい。

→ お問い合わせ・説明会お申込みはこちら
setsumeikai@nihon-hoankyoukai.com

株式会社日本電気保安協会 採用係まで
〒552‐0001 大阪市港区波除5丁目8番3号
TEL:06‐6585‐1000


電気主任技術者について


電気主任技術者とは?

電気主任技術者の仕事はビルや工場、そして発電所や変電所などで、受変電設備を中心に電気設備全般に関する保安の監督を行なうことです。高圧や特別高圧の電気設備を有する事業主は、必ず電気主任技術者を配置しなければならないということが法律で義務付けられています。

電気主任技術者になるには

電気主任技術者として働くには国家試験に合格するか、または所定の実務経歴をおさめたことを証明する書類を申請して免状を手にすることができます。 保安の監督をできる規模(受電電圧)により、第一種から第三種までの3種類の資格があり、下表のようになっています。

 資   格     範          囲
第 一 種 全ての事業用電気工作物
第 二 種 17万ボルト未満の事業用電気工作物
第 三 種 5万ボルト未満の事業用電気工作物

国家試験の場合、毎年1回実施される試験を受験します。資格によってマークシートの一次試験のほかに記述式の二次試験があるものがあります。 実務経歴証明による取得の場合は、認定校を所定の単位を取得して卒業した後に、電気保安や電気工事などに実務に携わった経験を子細正確に書類作成し、国に提出して審査を受けます。


電気主任技術者の求人状況

電気主任技術者の求人は全国的に常に多く存在しています。日本電気保安協会でも、近畿で働く電気主任技術者の求人活動を行なっています。ビルや工場などの電気設備を有する事業所では電気主任技術者は法令上も不可欠であり、決してなくなることのない仕事といえます。

電力共同購買
ビジネスサポート

無料相談
お問い合わせ